婚姻届を提出する

婚姻届の書き方を調べる

そうこうしているうちに、1件目のブライダルフェアーが近づいてきた。婚姻届の書き方も調べ始めた。ワクワクする気持ちもあるけど、初めてなので不安な気持ちも同じくらいある。当日会場の前について緊張してしまったので、彼を先頭にして中に入っていった。婚姻届を出すのも私ではなくて、彼にすべてお願いしてしまいそう。緊張はしていたけど、これじゃあ話しにならないと思って、気合いを入れてみたけど、小心者にはあまり効果なし。

婚姻届の提出日

受付を済ませて案内された席に座っていると、しばらくしてウェディングプランナーがやってきた。ちょっと憧れの職業でもあるから気になってしまう。そうだ婚姻届の提出日を一番気にしているって最初に伝えないといけない。本日はお越しいただきまして、まことにありがとうございます、と非常に丁寧な挨拶をされたのでますます緊張してしまった。婚姻届の事を言わなくっちゃって思ってたけど、今の挨拶でどっかに飛んでいってしまった。

婚姻届の話をいつしようか

本日はブライダルフェアーという事で、模擬挙式も見ていただけますし、料理もご試食いただけます。模擬挙式まではまだ時間がありますので、当会場の説明をざっといたしますね。婚姻届の話しはもう少しあとで伝えればいいのかな。見取り図を使って、まずは場所の説明から始まった。ずいぶんと広いので、披露宴会場がいくつもあるらしく、何々の間とか色々と説明されても、婚姻届の話をいつしようかで頭がいっぱいで、ほとんど聞こえない。
目次
婚姻届の書き方を調べる
婚姻届の事など忘れてしまう
婚姻届を出す前に
婚姻届を出そうと思う
婚姻届を同じ日に出す

Copyright 婚姻届を提出する 2007
無断転載、無断コピー等一切を禁止します